【10分でピザの食事】パパっと作れる作り置きおかず

【10分でピザの食事】パパっと作れる作り置きおかず 1

【10分でピザの食事】パパっと作れる作り置きおかず 220%OFFクーポンは会員登録するともらえます

寝坊した朝もサッカーの試合後のお昼も、仕事帰りの夜遅いご飯も、短い時間で栄養満点の食事がとれたら…と願うことがあります。
お腹も心も満たしてくれるのが、簡単にできるハッピーご飯。
今回はピザの付け合わせにぴったりのおかずを紹介します。
すべて作り置き可能なため、時間に余裕があるとき用意できる優れもの。
毎日のピザの食事が、もっと簡単に楽しくなりますよ。

「今夜はピザ、おかずは何にしよう?」ピザに合うサイドメニューを紹介

もっと簡単もっと華やか、毎日のピザ食事

食事の時間になって、宅急便の配達がピンポン。
あれもこれもと家の用事を済ませていると、キッチンに立てる時間が限られることもあります。
毎日のピザの食事をもっと明るく元気にしてくれるのが、作り置きのおかず。
空いた時間に前もって準備しておけるため、食事の支度をぐぐっと短縮してくれます。

『作り置きおかず、成功のポイント』
・電子レンジを活用する
・まとめて作って、冷凍保存しておく

ピザの付け合わせを簡単に用意するコツは、たったの2点。
熱さの気にならない電子レンジを活用してあげること。
付きっきりでグリルの前にいる必要がなく、家事の空き時間で調理できおすすめです。
また梅雨や夏場など雑菌の繁殖が特に気になる季節は、たっぷりまとめて作りちゃっかり冷凍保存を。
使いたい時だけ利用できるため効率的。
冷蔵に比べて、保存期間も長いメリットがあります。

《朝のピザ食事》スープ玉で、あったかご飯

最近話題になっているのが、スープの素を自分で作り冷凍保存しておく「スープ玉」。
牛乳や豆乳を加えて電子レンジで温めるだけで、朝の胃袋にも優しいスープが完成します。
ちぎったピザやロールパンを浸しながら食べると、食欲のない朝でもラクラク食べられます。

『準備するもの』
◇ジャガイモ 1個
◇アスパラガス 2本
◇コンソメの素 小さじ1杯
◇塩、コショウ 適宜
◇豆乳 200cc

『下準備』
・ジャガイモは皮をむき、電子レンジで3分加熱。アスパラガスも1分加熱する。
・ジャガイモはフォークで潰し、アスパラは包丁で細かくカットする。
・ラップに下準備した野菜と、コンソメの素を入れてスープ玉を作る。(冷凍保存可)

『レシピ』
・スープ玉をラップから取り出し、豆乳を注いでレンジで3分加熱。ほかほかスープの完成。

《昼のピザ食事》ラーパーツァイで、パワーご飯

朝の元気を午後まで長持ちさせたいとき、試してみたいのが注目のラーパーツァイ。
ラーパーツァイとは中華風の漬け物のこと、辛みがあるため箸休めにもぴったりです。
お好きな野菜にアレンジできるため、冷蔵庫の残り物を一気に片づけたいときにもオススメです。
できたてが美味しいのはもちろん、粗熱を取り冷蔵庫で軽く冷やしたラーパーツァイもオツなもの。
酸味のきいたお酢と、ピリ辛の唐辛子が食欲を誘ってくれます。
マイルドなピザにパンチを与えてくれるパワー食事です。

『準備するもの』
・白菜 350g
・人参 50g
・生姜チューブ 大さじ1
・甘酢タレ(酢 大さじ3+砂糖 大さじ3+塩 少々)
・鷹の爪 1本

『下準備』
・白菜と人参を食べやすい大きさにカットする。
・切った野菜に生姜と甘酢タレをあえて、電子レンジで3分温める。

『レシピ』
・輪切りにした鷹の爪を散らして、出来上がり。

《夜のピザ食事》さっぱりチキンの塩レモンご飯

毎晩のピザ食事をさらにパワーアップさせてくれるのが、肉系のがっつりおかず。
たっぷりまとめて作っておけば、冷凍庫で約1カ月保存できるお手軽メニューです。
塩とレモンの爽やかな風味が、1日の疲れをさっぱり癒してくれます。
覚えていると友人に自慢したくなる、元気になれる旬ご飯です。

『準備するもの』
・鶏もも肉 中1枚
・鶏ガラスープの素 小さじ1杯
・レモン 2分の1個
・白ワイン 大さじ3
・塩コショウ 適宜
・ローズマリー 少々

『下準備』
・鶏もも肉はキッチンはさみで、食べやすい大きさにカットする。
・塩コショウと白ワインを肉にかけて、レンジで3分温める。
・一度肉を裏返して、さらに3分加熱する。

『レシピ』
・レモンを絞り、ローズマリーを散らして出来上がり。

※朝昼晩いつものピザの食事に、あらかじめ準備しておいた作り置きのおかずをプラスすると、テーブルが明るく生まれ変わります。
フォンターナのお気に入りのピザと一緒に、今週末は少しだけリッチな食卓を楽しんでみてくださいね。

Pocket
LINEで送る