【家系ピザレシピ】お魚が苦手な子供にも、西京焼きとチーズのピザ

【家系ピザレシピ】お魚が苦手な子供にも、西京焼きとチーズのピザ
Pocket
LINEで送る

「体にいいから食べなさい!」鬼のように真っ赤な顔で怒っても、思うように食べてくれないのがお魚料理骨や皮があって食べにくいせいか、箸がすすまないお子さんも多いようです。

お魚が苦手になる原因のひとつが、生臭いにおい。鼻が敏感なお子さんは、魚に近づいただけで「おいしくなさそう」と顔をしかめてしまうこともあります。

今回はお魚が苦手なお子さんでも、思わずおかわりしたくなる、西京焼きとチーズのピザをご紹介します。見た目の面白さもくわわって、苦手意識をもたずにパクパク食べてもらえますよ。

【#家系ピザ 応援キャンペーン】食べてみたいおうちピザに「いいね!」を贈ろう!

和とイタリアン、おいしいコラボピザ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

薪窯ナポリピザ フォンターナℙ (@pizzafontana)がシェアした投稿

おうちから美味しいピザの写真を送ってくれたのは、cheeer117さん(@cheeer117)さん。舟形のボードの上に、だ円形のピッツァがこんにちは。食べるのが惜しくなるくらい、キレイに作られています。

ピザソースはトマトにんにくアンチョビを煮込んだもの。うまみをギュッと凝縮させるために、水分を飛ばしながら煮込んだそうです。チーズの間から見える、赤のソースがおいしそうですね。

こちらのピザのメインは、ぷりぷりの「鮭の西京焼き」。香ばしい西京焼きはフライパンで焼くだけでも美味しいのですが、毎回おなじメニューだと、正直あきてしまうことも…。

お中元でたくさん貰うと、どう消費してよいやら困ってしまうこともあります。白みそベースの西京焼きは、実はクリームチーズと相性が合います。ピザにのせると、劇的においしく味わえますね。

京都の美味しいおばんざいを、現代風にアレンジしてくれたcheeer117さん。お魚が苦手なお子さんでも食べられそうな機転の利いたメニュー、どうもありがとうございました。

【ピザの常識が変わる?】幻の生ハム・信州サーモンとは?

絶品・西京焼き、おうちでも作れる?

お中元やお歳暮でいただく機会も多い、魚の西京焼き。高級なイメージがありますが、実はコツさえおさえておけば、自宅でも簡単に手作りすることができます。

ポイントは「白みそを使う」こと。まろやかな白みそさえ用意すれば、簡単に料亭の味を楽しめます。お魚は鮭だけでなく、さわらたらなどの白身魚もOK。ある物で気軽につくってくださいね。

◇材料

  • お好きな切り身の魚 1切れ
  • 白みそ 40グラム
  • みりん 大さじ1/2

◇作り方

  • 切り身魚は軽く水で洗い、ペーパーで水分をふき取る。
  • 白みそみりんを混ぜて魚の両面にぬり、冷蔵庫でひと晩ねかせる。
  • 弱火のフライパンで焼いて、できあがり。

◇コツ・ポイント

  • 切り身魚はラップで巻いて、ひと晩寝かせるとさらに濃い味わいに。
  • 魚についた白みそを軽くふき取ってから焼くと、焦げにくくなります。

西京焼きは、骨と皮を取りのぞいてフレーク状にしておくとピザやパスタ炒飯お茶漬けなどにアレンジできてとても便利です。お料理の幅がぐっと、広がりますよ。

【家系ピザレシピ】いわしの力で元気になろう、アンチョビ風のピザ

『港町のトマトピッツァ』を食べよう

ピザの本場・ナポリは、港町として有名なところです。ナポリの西にあるポッツォーリという漁港では、毎朝せりがおこなわれて、とてもにぎやか。活気のある声が響き渡ります。

日本のせりは建物の中でおこなわれますが、ポッツォーリの朝市は漁師さんの舟の上で。釣ったばかりの魚はぴちぴちと活きがよく、遠くから買い付けにくるレストランのオーナーも多いそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

薪窯ナポリピザ フォンターナℙ (@pizzafontana)がシェアした投稿

マリナーラ・ブォーノ

数量

マリナーラというピザは「船乗りの」という意味があります。ナポリの漁師さんがよく食べていたので、この名前がついたようです。本場のマリナーラは、トマトアンチョビだけ。とても素朴です。

フォンターナのマリナーラは、丁寧に煮込んだトマトソースモラドにんにくが、絶妙なおいしさ。余計な味付けをしていないので、お好みでお魚をトッピングしても、おいしく味わえますよ。

ナポリの海風かおる、おいしいピッツァはこちら

 

【選べる7枚セット】 12種類の最強ピザを紹介~お得になる裏技も!

Pocket
LINEで送る

1 views