【冷凍ピザの温め方】冷凍したピザをトースターで焼くときのコツ!

冷凍ピザの焼き方。
様々な方法があるということは、みなさんご存知なのではないかと思います。

フライパン、オーブン、魚焼きグリル…「薪窯ナポリピザ フォンターナ」のピザは色々な方法で焼くことができます。

中でも最も簡単かつ美味しく焼くことができると言われているのが「オーブントースター」です。

日々使うことの多いオーブントースターは、使い慣れているという理由から、ピザもなんとなく焼いている、という方も多いかもしれません。

でもいくつかのコツを押さえておくことで、もっともっとおいしく焼き上げることも可能です。

そこで今回は、オーブントースターを使った冷凍ピザの焼き方、そしてそのコツについてご紹介していきます。

冷凍ピザではなく、市販のピザや手作りピザは冷凍ができるのか?

オーブントースターで焼く前も重要!?

早速オーブントースターを使った焼き方のコツをお伝えしたいのですが、その前にお伝えしたいことがあります。

どうしても「焼く」というステップに注目しがちですが、その前の「解凍」というステップも、同様にとても重要なのです。
この「解凍」をしっかりと行うことで、とってもおいしい冷凍ピザを味わうことができるようになることを、まず頭に入れておいてください。

では解凍をするときの注意点です。
それは「ピザ全体がしっかりと溶けるまで解凍させる」こと。

「そんなのレンジでチンすれば簡単じゃないか」とおっしゃる方もいるかもしれません。
しかし、実はそうでもないのです。

たしかにピザの真ん中までしっかりと溶けていることは最も重要です。

ただ、おいしいピザを焼き上げるためには解凍の段階で、もう1つ注意すべきことがあるのです。

それは「必要な水分はピザの中に残しておく」ということです。
十分な水分がない状態で焼くステップに入ってしまうと、ピザがパサパサになってしまうのです。

このように水分を必要以上にとばさないためには「自然解凍」がおすすめです。

冷凍ピザを一番おいしくするためには~おすすめの解凍方法教えます!

レンジでチンして解凍するのはかなりの時短にはなりますが、ピザをパサパサにしてしまう恐れがあります。

ですので、自然解凍で充分な時間をかけるというのが最もおすすめです。
その方法は簡単です。冷凍庫から取り出して、そのまま放置しておくだけで、特にコツは必要ありません。

ただ時間に関しては注意が必要です。
ピザ全体が十分に溶けるためには最低でも2時間、長ければ3時間ほどかかってしまいます。

食べたい時間から逆算して、事前に準備しておいてくださいね。

【マツコもびっくり!】日本イチおいしい通販ピザランキング(冷凍ピザ編)

ちょっとしたコツがおいしさの秘訣!

オーブントースター

しっかりと解凍させたら、いよいよピザを焼いていきます。

オーブントースターを利用する場合には、ピザを焼く前にトースターを温めておきましょう。
短時間でパリッと焼くためには、事前にトースターを温めておくことが必要不可欠です。

トースターに入れた後、約5分焼けばアツアツの焼き立てピザの完成です。

ここでひとつ、とっても簡単だけれどもピザをおいしくするコツをお伝えしましょう。

2から3分焼いたところで、ピザを180度回転させましょう。
トースターはどうしても前後の部分で焼きムラができてしまうのが難点です。

そこで途中でピザを回転させることで、全体をまんべんなく焼き上げることができるのです。

このひと手間が、どこを食べても全部おいしい、夢のようなピザを焼き上げることにつながります。
とても簡単な秘策ですので、次に「薪窯ナポリピザ フォンターナ」のピザを召し上がる際にはぜひお試しください。

オーブントースターVSレンジ、旨いピザができるのはどっち?


まとめ

今回は、冷凍ピザをオーブントースターで焼く際のコツについてご紹介してきました。

時間が許せば、是非自然解凍がおすすめです。ぜひ実践してみてくださいね。

オーブントースターは、外はパリッと中はモチっと焼くのに最適です。
事前に温めること、そして途中で回転させることで、最高のおいしさをお楽しみください。

【マツコもびっくり!】日本イチおいしい通販ピザランキング(冷凍ピザ編)
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

47 views