『ピザに好きな野菜を加えてヘルシーに!簡単にできるアレンジ方法』

2018年6月、アメリカではトランス脂肪酸の使用規制が始まりました。
トランス脂肪酸は、心筋梗塞や動脈硬化の原因になるということで、危険と判断されたためです。
トランス脂肪酸というとマーガリンやショートニングをイメージします。
しかし、自然のトランス脂肪酸はバターやチーズ、牛肉の脂身にも含まれています。
ハンバーガーやピザを日常的に食しているアメリカでは、マーガリンやショートニング以外からもトランス脂肪酸を摂取してしまい、日本の10倍を摂取しています。
そこで、野菜を一緒に摂ることで、食物繊維が余分な脂肪や糖質を腸が吸収することを予防します。
それでは、フォンターナのピザにひと手間加えるだけで、ヘルシーに変えるアレンジをご紹介しましょう。

和風てりやきチキンピッツアに一工夫

フォンターナのピザの中で人気のてりやきチキンのピッツアには、えのき、エリンギや玉ねぎのスライスを乗せて焼いてみましょう。
てりやきチキンのピッツアには、チキンと長ネギ、にんにく、チーズ、焼きのりがトッピングされています。
ここで鶏肉とチーズで動物性たんぱく質を摂ることができます。
そこで、不足している食物繊維とビタミンCが多く含まれている野菜やキノコ類をトッピングしましょう。
さらに、緑黄色野菜も加えるともっとヘルシーになります。
ピザを焼く前にトッピングするなら、小松菜のざく切りやダイコンの葉も良いですね。
しかし、もっと簡単なものが良いならカイワレ大根やスプラウト、豆苗を刻んだものを焼きあがったピザにトッピングします。
すると、ビタミンA、Cに食物繊維を足すことができます。
てりやきチキンには長ネギが入っていますが、ここにあさつきの小口切をのせても、長ネギとは違った食感を楽しむことができます。
あさつきは長ネギの1つですが、白長ネギと違い、カロテンが豊富に含まれている緑黄色野菜になります。
こういった野菜は和風の照り焼き味にピッタリと合います。
そして、もう一工夫は、ぎゅっと絞った大根おろしを乗せるのはいかがでしょうか。
しっかりと絞らないと、水気が邪魔になります。
大根おろしはしっかりと絞って、焼いた後にピザに乗せましょう。

定番ミックスピッツアもヘルシーに

定番のミックスピッツアはチーズ、トマト、ピーマン、オレガノ、マッシュルームそしてウインナーというトッピングです。
これで野菜も肉もチーズも入っているから十分、とみられますがやはりもう一工夫欲しいですね。
野菜も十分かというと、もう少し欲しいところです。ピーマンももう少し欲しくなります。
そこで、フライパンで焼く前にスライスした玉ねぎ、細く切ったアスパラガス、ブロッコリーを用意しましょう。
アスパラとブロッコリーは軽く茹でておくとすぐに火が通ります。
焼く前のピザに、茹でたアスパラとブロッコリー、スライスした玉ねぎを乗せて、フライパンで焼きましょう。
食物繊維、ビタミンAやカリウムも増えて、チーズのナトリウムとバランスを摂ることができます。
緑色も鮮やかになり、見た目も綺麗です。

チーズは苦手だけれどマリナーラ・ヴォーノは淋しい

チーズを使わないピザ、マリナーラ・ヴォーノはトマトソースとニンニク、バジルのピザです。
チーズは苦手という人の中には10代の子にもいます。
しかし、10代の子どもにとって、マリナーラ・ヴォーノのピザは、ちょっと大人すぎますね。
さらに、マリナーラ・ヴォーノには、チーズどころか動物性たんぱく質があまり入っていません。
そこで、薪窯ナポリピザのフォンターナが用意しているトッピングメニューの生ハムを乗せてあげましょう。
淋しいだけでなく、マリナーラ・ヴォーノは、野菜だけのピザです。
チーズが苦手でも、ハムやウインナーは欲しいという人はいますね。
もちろん、家庭にあるツナ缶を乗せてもいいのではないでしょうか。
トマトソースは、ツナとの相性がいいので、あっさりした方が良いなら、ノンオイルのツナ缶をトッピングすることで、一味違ったマリナーラ・ヴォーノになります。

熟成味噌ソースのナスミートピッツァに白いトッピング

熟成味噌ソースのナスミートピッツァは、味噌風味のピザです。
玉ねぎ、トマト、ニンニク、ニンジン、ひき肉、長ネギなどがトッピングされていますが、その上に、細い千切りにした大根と、白髪ねぎをトッピングしてみましょう。
千切り大根と白髪ねぎは、どちらも食物繊維が豊富です。
しかも、味噌の味にピッタリです。熟成味噌ソースはちょっとこってりタイプですがこの2つをトッピングすることで、あっさりピザに変身します。
白髪ねぎは、100円均一の白髪ねぎカッターできると簡単に切れます。
大根の千切りも千切り用スライサーを使えばあっという間です。
料理が苦手な人でも、簡単に一手間加えられます。

まとめ

どんなピザにも相性がいいのが玉ねぎです。
しかし、意外なことに、色々なピザを見ても玉ねぎをはっきりとトッピングしたピザは少ないです。
シーフードにも合います。
さらに、緑黄色野菜のブロッコリーやアスパラガスも、色々なソースに合います。
薪窯ナポリピザのフォンターナは、それだけでも美味しいですが、さらに色々な野菜を用意して、一緒に温めたり、温めた上にすることでさらに美味しく、ヘルシーになりますよ。

LINEで送る
Pocket