密かなトレンドピザ!プルコギ風のレシピを参考に手作りしてみよう!

韓国料理の中でも大人気の「プルコギ」ですが、このプルコギ風のピザのアレンジが、実は最近の一大トレンドになっています。
プルコギとは、基本的にタレに漬け込んだ牛肉と共にニンジンやタマネギなどの野菜、キノコ、そして春雨なども加えて炒めたものになります。そんなプルコギと、ピザ生地のモチモチパリッとした食感の相性がバツグンでとっても美味しいととても話題になっているのです。
そこで今回はそんなプルコギ風ピザのレシピをご紹介していきたいと思います。

トレンドのプルコギ風ピザのレシピをご紹介!

1、まずはピザ生地に載せる「プルコギ」を作りましょう。
薄くスライスした牛肉を酒(大さじ2)・醤油(大さじ2)・砂糖(大さじ5)・ニンニク(小さじ1.5)・ごま油(大さじ0.5)・コチュジャン(小さじ2)を混ぜたタレに漬け込みます。
ここにタマネギやニンジンなどの野菜を漬け込んでも美味しいです。

2、タレによくなじんだら炒めていきます。牛肉に火が通り、中の水分が抜けてきたら火を止めます。
(のちほどオーブンで焼きますので、この段階で牛肉をカラカラに焼きすぎないように気を付けましょう。)

3、ピザ生地に先ほど作ったタレを塗ります。
タレをまんべんなく塗ったらマヨネーズをかけましょう。
マヨネーズをかけることでとっても濃厚な味に仕上がるので、とても大事なポイントです。

4、マヨネーズをかけた生地に、いよいよ「プルコギ」をのせていきます。
その上からニラをピザ全体に並べていき、その上にチーズをたっぷり置きましょう。

5、そして15分~20分ほどオーブンで焼いていきます。
焼きあがったらピザを取り出し、最後に糸唐辛子をかけて完成です。

オーブンで焼かれたプルコギは、本場の味は残しながらも、ピザの生地にピッタリなのに驚かれると思います。
チーズとの相性もばっちりのプルコギ風ピザは今まで味わったことのない、新しいピザであるといえるでしょう。

より本格的なピザでプルコギ風を楽しみたい!

ここまで、プルコギ風ピザのレシピをご紹介してきましたが、ピザの生地については作り方をお伝えしていません。
もちろん、生地を手作りされてもいいのですが、ピザの生地から手作りするとなると非常に時間がかかります。
「プルコギ」も作るのにピザの生地までも作るとなると、なかなかハードルが高くなってしまうのではないでしょうか。

そこでぜひ利用していただきたいのがフォンターナの素焼き生地です。
フォンターナではピザのトッピングが載せられる前の状態である「素焼き生地」を販売しております。
これはフォンターナが販売しているメニューでも使用する生地ですから、焼き上げますとモチモチパリッとした本格的なピザの食感をお楽しみいただけるのです。
この素焼き生地にはトマトソースがかかったものとクリームソースがかかったものとがあるのですが、プルコギ風ピザを作られる際には「クリームソース」の方の素焼き生地のご利用をオススメします。
生地に塗られているクリームソースがプルコギの辛さや味の強さをマイルドにしてくれるので、非常に食べやすいプルコギ風ピザが完成するのです。
プルコギ風ピザの中でもワンランク上のものを楽しむことができますから、ぜひフォンターナの素焼き生地を利用し、楽に手作りされてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は今トレンドのプルコギ風ピザについてご紹介してきました。
韓国料理ブームの今、韓国の味のプルコギとイタリアの味のピザとがコラボしたプルコギ風ピザは、ピザ好きの方にはぜひお試しいただきたいレシピです。
それぞれ発祥の地の特徴が表れている味であるにも関わらず、お互いの美味しさを引き出し合っているプルコギ風ピザは、一度は試してみる価値ありです。
ぜひご自宅で手作りしてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket