2017.06.06

ピザの具材

ピザに使われる「ズッキーニ」あれこれまとめ

ズッキーニ

ピザの野菜系トッピングで、ズッキーニがずいぶんと導入されるようになりました。
イタリア料理などで利用される食材で、特にサラダのメニューでは有名です。
特に夏野菜を集めたピザメニューでは、ズッキーニは必ずといっていいほど登場します。
夏野菜の煮込み料理「ラタトゥイユ」は有名ですよね。
最近、ピザでもズッキーニは、存在感を高めているのです。

ズッキーニをピザのトッピングの万能選手

ズッキーニはクセのない食材で、ピザにアクセントを与えてくれます。
イタリアでは古くから親しまれている食材で、ピザとともに多くのイタリア人の胃袋に収まってきました。
料理も簡単ですぐに火が通りやすいため、ピザのトッピングにも最適です。
ズッキーニをピザにトッピングすることで、味や食感が1ランクアップします。
スーパーなどでは、比較的安価で購入できるため、家庭用の手作りピザでも大活躍する野菜です。

\今週のお試し100円ピザはどれかな?/

【ズッキーニを利用した主なピザ】
グリル野菜たっぷりのピッツァ:グリルした4種類の野菜にパンチェッタとトッピングした定評のあるピザ=ドミノ・ピザ
九州産豚と瀬戸内海レモン:大きめにカットしたズッキーニと食材が高次元で調和=ピザレボ
長期熟成ベーコンとズッキーニのピザ:ベーコンの濃厚な味わいをズッキーニが吸収するコンビネーションの良さ=時之栖手づくり工房
彩(いろどり)野菜とピリ辛ソーセージのピッツア:大きく輪切りにカットしたズッキーニをふんだんにトッピング=マルホツ

ズッキーニはとっても、便利な食材なのです。
冷凍してもほとんど味が劣化しません。
家庭の手作りピザでは、ズッキーニを油でいためてから保存すると、2~3週間ぐらい日持ちします。
夏野菜の定番のナスの代わりに、トマトソースやミートソースをかけたピザにしてもおいしいです。
ズッキーニは他の食材との相性もいいので、ピザ作りではかなり活躍します。

ズッキーニをピザにトッピングする際、多めのオリーブオイルで焼いて焦げ目をつければ風味がよくなります。
ナスと同じようにズッキーニもオリーブオイルを吸収するので、香ばしさやフレッシュ感が引き立ちます。
ピザ生地、ソース、具材をうまくまとめてくれるので、大助かりなトッピングです。
野菜特有のアクが少なく、幅広い方々の口にも合います。
そんなこともあり、ズッキーニがピザの食材やトッピングとして、注目されるようになりました。

ズッキーニの特徴をまとめてみた

ズッキーニは緑色で細長い形状から、キュウリの仲間と思われるかもしれません。
実はこれが全く違って、こんな形ながらカボチャの一種なのです。
淡泊な味で合わせられる料理のレパートリーが幅広く、最近ではかなり重宝されている野菜です。
イタリアやフランスなどのヨーロッパでは、一般的な野菜として広く普及しています。
日本では現在、ズッキーニがかなり普及しており、さまざまな料理のレーパートリーが紹介されています。

【ズッキーニとは】
分類:ウリ科カボチャ属の一年生の果菜
歴史:ヨーロッパで16世紀ごろという説もあり、20世紀に入ってから本格的に普及
原産:明確にになっていない
食用:旬は夏で果実と花をを食材として利用する
品種:グリーントスカ、オーラム、ゴールディー、アラジン
日本の生産地:長野県、宮崎県、群馬県

ズッキーニは、国内のスーパーなどの野菜コーナーで取り扱いが増えてきました。
低カロリーのヘルシー食材が注目を集め、女性を中心に関心が高まっています。
ビタミンK、ビタミンC、カリウム、カルシムなどの栄養素も豊富に含まれています。
ナスと同じように油との相性もいいので、イタリア料理やピザに欠かせないオリーブオイルとの相性も抜群です。

【選べる7枚セット】 12種類の最強ピザを紹介~お得になる裏技も!

▼気に入ったらシェアしてね▼