【BBQでピザを楽しみたい!】荷物につめたい、材料&必需品まとめ

アウトドアやキャンプなど、屋外でピザを楽しみたいとき「どの材料を準備すればいいの?」「どんな食材を購入すればよいの?」と迷ってしまうこともあります。
何も準備せず手ぶらでキャンプ場に出かけてしまうと、満足なピザを上手に作れないこともありご用心。
今回は車やクーラーボックスに詰めておきたい、ピザ作りの必須アイテムをご紹介します。ワンダフルなキャンプライフの参考にしてみてください。

コレさえあれば大丈夫、外ピザの材料リスト

BBQやキャンプが初めての方にとって、何を最初に買い求めておくべきか店頭で迷うこともあります。
必ず手に入れておきたいのは、フライパンや鍋などの調理道具とマッチなどの火おこしの道具。
深みのあるダッチオーブンは1つ持っているとスープやピザ・チキンなど、何でも作れとても便利です。
もっと気軽に楽しみたいときは、小さなスキレットフライパンや軽いチタンフライパンを。
蓋が付いているものを選べば、ピザ生地内部にふっくら熱が入り調理もしやすくなります。

【必ず持っていきたい材料】
・フォンターナの冷凍ピザ お好みの枚数
・ダッチオーブンORスキレットフライパン
・炭、網
・炭ばさみ
・バーベキュー用の着火剤

・マッチ
・紙皿
・フォーク
・アルミホイル
・トング

【あると便利な材料】
・バーベキューコンロ
・テーブル&チェア
・日よけ用のタープ
・簡易テント
・マット

・クーラーボックス
・ドリンク、アルコール類
・デザートのお菓子
・日焼け止め&虫よけ薬
・サングラスや帽子
・タッパーや袋

川や湖・海などの水辺のそばでは、思っている以上に太陽の日差しが降り注ぐことも。
特に日中気温が上がるときは、春先や秋口でも熱中症の危険があります。
元気いっぱいアウトドアを楽しむためにも、日焼け対策はマストです。
サングラスや帽子で紫外線をガードし、タープと呼ばれる布タイプの屋根で日陰スペースを作ってあげると、体調に配慮しながらステキなアウトドア時間を過ごせますよ。

・あると嬉しい、人気のバーベキューグリル
また最近人気が上がっているのが、バーベキューグリルやバーベキューコンロと呼ばれている便利なキャンプ道具。
七輪を洋風にしたオシャレなデザインで、少量の炭をセットすれば付属の網の上で煮炊きを楽しむことができます。
小さな卓上タイプもあれば、背の高いハイタイプのグリルもあり、使用人数やシチュエーションに応じて自分好みの料理が楽しめますよ。
安いものは5,000円程度から購入できます。

重い材料を減らせば、楽ちんアウトドアピザに!

家の中とは勝手がちがう、外でのアウトドアクッキング。
楽しみを最上限に、わずらわしさは最小限にしたいなら、持っていく材料やアイテムを「できるだけ少なく抑えること」がおすすめです。
キャンプ場によっては、トングや炭・着火剤などはその場で購入・レンタルできるところもあります。
簡単なカトラリーセットも用意されているところもあるため、事前にネットや電話で問い合わせをしておくとスマートです。
余計な荷物を持っていかずに済みます。

・通販ピザなら、イケてるアウトドアシーンに
森や山・林や川など地球のダイナミックさを肌で感じることができる、アウトドア。
整備されているところなら、食事の時間の合間にカヌーを楽しんだり、山の小道をハイキングしたり、川遊びでジャブジャブ水の冷たさに触れることもできます。
家の中ではできないワイルドなことを、思いっきり楽しめるのがBBQやキャンプの醍醐味。
自然解凍すれば現地でそのまま焼ける冷凍ピザは、ゆとりのあるアウトドアライフを応援してくれるお助けフードです。
プロのシェフがあなたに代わって味付けを済ませているため、間違いのない美味しさがアウトドアシーンでも楽しめます。
「キャンプで冷凍ピザ?手作りじゃないの?」と思ってしまいますが、自分で頑張って火おこしし炭火でじっくり焼いたピザは、世界でたったひとつの思い出深いピッツァ。
炭の香りとロケーションの清々しさが手伝って、この上ないウマさを運んできてくれます。
自宅でゆっくりリラックス…もイイけれども、次の連休は薪窯ナポリピザ フォンターナの通販ピザと一緒に、爽やかな外ライフを楽しんでみませんか?

▽キャンプが2倍楽しくなる!フォンターナのセットピザ
https://www.pizza-fontana.com/fs/fontana/c/set

LINEで送る
Pocket