【発酵なしも良いけれど…】ふわピザができる最新科学のヒミツ

発酵なしの簡単ピザや、圧力鍋でつくるお手軽カレーが流行る時代。
「少しでもラクに、少しでも美味しいものを食べたい」という人が増えてきています。
時短クッキングの最高傑作版として期待されているのが、カリっとピザを作る最新テクノロジー。
最先端の現場ではどんなピザ作りがおこなわれているのか、その舞台裏を見学してきました。

発酵なしオーガニックピザもお手のもの?驚きの近未来

今世界中の科学者たちが研究を重ねているのが、人口知能を搭載したAI型の調理ロボット。
iPadのような画面で食べたいピザのメニューを選ぶと、自動的にロボットがキッチンに立って調理してくれます。
発酵なしのピザ、トマト抜きのピザ、チーズ山盛りのピザ、カロリーオフのピザなど…ユーザーの好みに合わせたひと皿を素早くメイキングしてくれます。
冷蔵庫に足りない調味料があればネットスーパーに連絡して自宅まで届けてもらったり、オーブンの焼き時間をメニューに合わせて細かく設定したり、食後のデザートの準備をおこなってくれたり、まさに至れり尽くせり。
家の中に小さなシェフがいるみたいです。
実はこうした夢のような調理ロボット、世界中で少しずつ実用化の動きが進んでいます。
今回はその一部をご紹介します。

◇ロボットシェフ・モリー
イギリスのロボット企業が開発したのが、何でもできるモリー。
天井から吊り下げられた2本のロングハンドで、器用に食材をコントロールし一流ホテルの味をダイナミックに再現。
料理の盛り付けはもちろんのこと、油ギトギトのキッチンまで丁寧にお片付けしてくれるお利口さんです。
2千を超えるレシピがインプットされているため、365日毎晩違うメニューを頼んでも6年間は飽きずに日替わりメニューを食べられる計算に。
一家に一台は欲しい、優秀なロボットになっています。

◇ズームピザ社のロボット職人
ソフトバンクが何と550億円も出資したことで話題になっているのが、2015年に誕生したIT系ベンチャー企業・ズームピザ社。
ズームピザ社の看板ロボットが作るのは、ピーマンやサラミがどっさり載ったポピュラーなミックスピザ。
何年も修行を積んだ「熟練職人顔負け」の手つきで小麦粉をこね、ピザの形を整えていきます。

・まるでSF映画?すべて「自動」の世界!
1ミリの狂いもなくトッピング具材を美しく並べたら、熱々のオーブンの中へ。
発酵なしなのにふんわり膨らんで美味しい、夢のようなピザが焼きあがります。
こちらのベンチャー企業では、注文を受けたら自動運転のクルマが自宅を訪れ、ピザ箱を配達するシステムも模索中。
クリックボタンひとつ押すだけで、自動でピザが配達されるSFのような時代がすぐそこまで訪れています。

おすすめピザも教えてくれる?会話できるオーブン

ウォーターオーブンでお馴染みのシャープ。
すでに商品化されているのが、最新のAIを搭載したヘルシオオーブンです。
値段は8万円前後とややお高めですが、1台1千万円以上するといわれる調理ロボットと比べてみると、間違いなくお得なプライスとなっています。
こちらのオーブンのスゴいところは、ご主人さまと会話ができるということ。
「今日の献立どうしよう?」と話しかけると季節に合わせたオススメピザメニューを教えてくれたり「簡単なメニューはある?」と聞くと話題の発酵なしピザのレシピを教えてくれたり、とにかく至れり尽くせり。
「冷凍ピザを温めて」と話せば、最適な温度で解凍、「ピザをいつもよりカリっと仕上げて」とお願いすれば、固めの焼き加減に自動調整してくれます。
細かいボタンをあれこれ押さなくても、上手に美味しいメニューが組み立てられると好評です。
まるで自宅にもう1人の同居人がいるような、ヘルシオのお喋りオーブン。
夢のようなロボット家電は、日本の家庭の中にももう既にやって来ています。

☆ロボットが台所で発酵なしピザを焼いてくれる、SFのような時代が訪れようとしてくれます。
魅力的なAIにも負けないのが、薪窯ナポリピザ フォンターナの信州ピザ。
大好きな味をリクエストして、美味しい食卓を演出してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket