【ピザの美味しい店だらけ!】グルメな国ランキング

ナポリの街並み

まとまった休みが取れたら、飛行機や船に乗ってどこか遠くの国にトリップしてみたいもの。
旅先を絞り込むとき大きな決め手となるのが「食べ物の美味しい国」です。
ピザやパスタの本当に美味しい国はどこなのか、ワールドワイドに調査してみました。

プロが教える美味しいピザを見分けるコツ

第1位:イタリア

・美味しいピッツェリアがある、グルメの国
海外旅行のツアーで、ハワイやシンガポールと並び常に上位にランクインするイタリア。
「どこの店に入っても絶対にハズレを引かない」と言われるくらいピザやジェラートの美味しい店が立ち並んでいて、都会はもちろん地方に出かけてもその土地に合った最高の料理にありつけます。
イタリアの時間は日本よりワンテンポ遅く流れていて、ランチタイムは13時から、ディナータイムは20時からというリストランテも珍しくありません。
朝と昼は軽く済ませて、夜ご飯はたっぷり食べるのがイタリア流。
ピザをメインに出すピッツェリアや、スパゲティが自慢のスパゲッテリア、気さくに入れるカジュアル大衆店・タヴェルナなどを訪れて、お店のオーナーの話に耳を傾けながら美味しいピザやパスタを食べます。
海と山両方の幸を思いきり味わえるのがイタリア料理の醍醐味。
何度出かけても、最高にブラーヴォな国です。

第2位:日本

・本場イタリアを超える、和風ピッツァの国!
和食がユネスコの世界文化遺産に認定され、多くの観光客から注目を集めている日本。
一汁三菜というスタイルは海外にあまり無く、お味噌汁と炊き立ての白いご飯・鮭の切り身におひたし、野菜の煮物がお盆に載って出てくると、実家に帰ったような安心感に包まれることもあります。
和食だけではなく創作イタリアンのレストランやカジュアルフレンチの店舗も多く、どの分野もハイレベルな装いの美味しい日本。
バンビーノや照り焼きチキンピザ・カニマヨコーンピザ・明太子ピザなど、日本ならではの和風メニューも次々に登場して「オリジナルのピザ文化」が生まれつつあります。
数年後には1位のイタリアを追い抜いてしまう可能性もある、勢いのある日本。
新たにお目見えするのは、どんなジャパニーズ・ピッツァなのか、まだまだ目が離せません。

第3位:フランス

・冷凍ピザが大好き、気さくなパリ文化
トルコ料理と中華料理に並んで、世界三大料理のひとつに掲げられているフレンチ。
日本でフレンチと聞くとタキシードやワンピースを着て少しおめかしした気分で食べる高級料理というイメージがあります。
プレゼやテリーヌなど上品に盛り付けられたひと皿があれば、家庭料理の定番ラタトゥイユや流行りのパウンドケーキ・ケークサレまで、フレンチと言ってもその内容は実に様々です。
キャビアやフォアグラなど高級食材をふんだんに使うイメージがあるフレンチですが、フランス国民の生活は意外にもシンプル。
共働きの世帯が多いので、平日は冷凍のパスタやピザで手早く済ませます。
ピカールなど冷凍食品の専門店がパリのあちこちに有るため、フランスの冷蔵庫は日本に比べて冷凍室がやや大きい特注タイプ。
家族みんなでレストランに行く習慣はあまり無く、友達と遊ぶときも家に招いて冷凍食品をふるまう、気軽なホームパーティ形式がメインです。
「美味しい料理を大好きな人と、大好きな家で味わう」
食に対する飾らない素顔が、グルメの国として愛される理由なのかもしれません。

第4位:台湾

・トビウオやカラスミのピザがある、珍グルメの国
CNNの調査で「美味しいグルメの国ナンバーワン」に花咲いた経歴のある台湾。
日本から約4時間で行ける魅惑の国ということもあって、憧れの旅行先に選ぶツーリストたちも増えています。
台湾のハイレベルぶりを、肌で実感できるのが美食タウン・台北。
ヨンカンジェというエリアには多くの屋台や店舗が並んでいて、テンションが上がります。
職人さんが手作業で作るアツアツの小籠包や胡椒餅・今話題のタピオカミルクティー・マンゴーかき氷など、どこから手を付けて良いやら迷うラインナップ。
屋台風の店舗では、イタリアンピザをもじったと思われる小麦粉とネギを合わせて焼いた「葱油餅」も味わえます。
このほか映画やドラマの舞台によく利用される離島・小琉球では日本ではあまりお目にかかれない「トビウオのピザ」も。
トビウオの卵がトマトの代わりに色鮮やかにトッピングに使われていて、イクラに似たプチプチした食感が新鮮です。
このほかカラスミのピッツァや、伊勢海老の卵ピッツァなど変わり種ピザが多い台湾。
日本から程近いグルメの国では、斬新なメニューのピザがてんこ盛りのようです。

第5位:ギリシャ

・シーフード系ピザがウマい、ツウ好みの国
ノスタルジックな遺跡の街としてお馴染みのギリシャ。
あまりクローズアップされることの無い地味な国ですが、食ツウの間では隠れたグルメの国として有名です。
ギリシャの文化は陽気なイタリア人の気質に似ていて、典型的な夜型ライフ。
ランチは14時から、ディナーは20時からという店舗も珍しくありません。
ギリシャを訪れたとき立ち寄りたいのが「タヴェルナ」という大衆向けレストラン。
日本の定食屋さんのおばんざいのように、幾つかの人気料理があらかじめ作り置きしてあるため、好みの皿を指さして簡単にオーダーできます。
エーゲ海の新鮮な海の幸と地元で取れたフレッシュなオリーブ油を使ったシンプルなピザは、美味しいのひと言。
パプリカやピーマンを薄くスライスし、イカや黒オリーブと一緒に焼き上げたピザが一般的で、飽きのこない美味しいピザを堪能できます。
バクラヴァと呼ばれる蜜をたっぷりかけた焼き菓子をデザートに、楽しい夜を過ごすのがギリシャの定番。
楽しい仲間と語らううちに、長い夜がゆっくりと更けていきます。

☆美味しいピザをたらふく食べられる、注目の国をランキング形式でご紹介しました。
日本にいながら世界旅行気分をエンジョイできるのが、薪窯ナポリピザ・フォンターナのピザ。
経験を積んだスタッフが腕によりをかけて「あなただけの1枚」を丁寧に焼き上げます。
お好みのピザを注文して、ワンランク上の上質な旅に出かけてみてくださいね。

 

【マツコもびっくり!】日本イチおいしい通販ピザランキング(冷凍ピザ編)

Pocket
LINEで送る

1 件のコメント

  1. ピンバック: 【アルザス風ピザのレシピ】薄い生地を作るポイントは? | 薪窯ナポリピザフォンターナ

コメントは受け付けていません。