【おすすめのピザデリバリー】近所の公園に配達してくれる?

ピクニックやお花見を楽しみたいとき、おすすめのデリバリーピザを注文しようか、迷うこともあります。
最近の宅配ピザは日本全国どこでも届けてくれると話題になっていますが、あまり名前の知られていない近所の小さな公園にも、きちんと配達してくれるのでしょうか。
噂の真相を調べてみました。

近所の公園、ピザのデリバリーはOK?

名前のあまり知られていない、住宅街にひっそり佇む小さな公園。
ブランコや滑り台・砂場など簡単な遊具とひと休み用のベンチがある、地元の人のみぞ知るミニ公園です。
このような小さな公園でもピザのデリバリーは受け付けてくれるのでしょうか。

・アドレスがあることが絶対条件
ピザのデリバリーが大丈夫なのか、その目安となるポイントが「誰が見ても分かるアドレスがあるのか」ということ。
どんな小さな公園であっても、住所さえ正確に伝えることができれば基本的には配達はOK。
公園の大きい・小さいに関わらず、デリバリーしてもらえるケースが多いようです。
最近ではGPS機能が搭載された配達アプリをおすすめしている企業もあって、専用アプリをダウンロードしておくと、今いる場所をピンポイントで宅配スタッフに教えることもできます。
詳しい番地が分からなくてもナビ通りにボタンを押せば、今いる現在地にピザを届けてもらうこともできます。

・モラルを守ることも大切
最新のGPS機能を駆使すれば、広い公園も狭い公園もピザのデリバリーを受け付けてくれるケースが多いようです。
ただし注意したいのは、閑静な住宅街にある小さな公園にピザの出前をしてもらう場合。
理論上はOKであっても、近くに住んでいる人の迷惑になると思われる場合は控えておくのがおすすめです。
食べ残しのゴミや騒音などのトラブルを避けるために、最近ではBBQや宴会を控えるように喚起している公園もあるからです。
美味しくピザを食べるためにも、ちょっとした心配りとモラルは大切。
近所の公園で夕涼みやお花見したいときは、自宅で通販ピザを食べてから再び出直す…こんな機転の利かせ方もおすすめです。

花火会場や野外フェス、ピザのデリバリーはOK?

夏休みの心躍る行事、納涼花火大会や野外フェスのイベント。
多くの人が集まるゴチャゴチャした会場でも、宅配ピザのデリバリーは受け付けてくれるのでしょうか?

・交通規制アリの花火大会、NGの店舗も
隅田川花火大会など多くの人が参加するビッグな花火大会の場合、周辺の道路に交通規制がかかるケースもあります。
通れない道路がある場合、デリバリーピザのお届けがスムーズにできないことも。
注文する時間帯やエリアによっては、ピザのデリバリーを断られてしまうケースもあるようです。

・大混雑の野外フェス、お届けは難しい?
音楽フェスなどの野外イベントがおこなわれるとき、出前が取れるか気になることもあります。
入口で入場料を取る有料フェスの場合、会場の中にデリバリーのスタッフが入るのは難しいもの。
なおかつ広大なエリアで受け渡しをおこなうのは途方も無い時間と労力がかかるため、現実的に「お届けは厳しい」と言えるかもしれません。
イベント当日は屋台などのブースが並んでいますが、驚くくらい長蛇の列ができていることも。
行列に並びたくない方へのおすすめは「ランチボックスを持参すること」。
冷凍ピザを軽く焼いておき、アルミホイルで包んでバッグに忍ばせておけば簡単な軽食代わりに。
お腹が空いたときのレスキュー飯として大活躍してくれます。

行楽ご飯は『フォンターナの通販ピザ』がおすすめ

花火大会やBBQ・ピクニックや音楽フェスなどの楽しいイベント時、美味しいお昼が待っていると思うと気持ちもルンルンと華やぐものです。
「注文をきちんと受け付けてくれるかな?」
デリバリーピザの心配ばかりしていると気もそぞろになり、肝心のイベントに集中できないこともあります。

スケジュールに余裕のある時に注文でき、使いたい時に食べたい量だけさっと味わえるのが薪窯ナポリピザ フォンターナの通販ピザ。
オーブントースターで約5分温めるだけで良いため、行楽の日もラクにお出かけの準備ができます。
みんなに差を付けられる「美味しいイベント飯」を持って、最高の1日をエンジョイしてくださいね!

LINEで送る
Pocket